MVME2400 PMCSpanを使用してPMC235を動作させる手順について

MVME2400 PMCSpanを使用してPMC235を動作させる手順について


■ 設定手順


1.下記ファイルをBSPのディレクトリィへコピーします。

※UNIXホストにて

% cp pmc233.o target/config/mv2400
% cp pmc233.h target/config/mv2400
% cp rxsetup.c target/config/mv2400
% cp pmc235init.c target/config/mv2400

2.BSPのMakefile、config.hを変更します。

※UNIXホストにて

% vi Makefile

※下記の様に変更します。

MACH_EXTRA    = hawkSmc.o hawkI2c.o sysMotVpdUtil.o
↓ 変更
MACH_EXTRA    = hawkSmc.o hawkI2c.o sysMotVpdUtil.o pmc233.o rxsetup.o pmc235init.o

% vi config.h

※下記の設定をします。

#undef INCLUDE_PMC_SPAN
↓ 変更
#define INCLUDE_PMC_SPAN

3.vxWorksのイメージを再構築します。

※UNIXホストにて

% make vxWorks

4.再構築がエラーなく成功したら 5.へ進みます。

5.PMC235をPMCSpanのPMC2スロットへ実装しvxWorksを立ち上げます。

6.正常に立ちあがりましたら以下のコマンドをシェルより入力します。

※vxWorksシェルにて

・ドライバーを組みこみます

-> pmc235init

・デバイスが出来ていることを確認

-> devs
drv name
  0 /null
  1 /tyCo/0
  5 frc7v:
  6 /pty/rlogin.S
  7 /pty/rlogin.M
  6 /pty/telnet.S
  7 /pty/telnet.M
  3 /dsk2  <— CF1(P3)
  3 /dsk3  <— CF2(P4)
value = 25 = 0x19
->

※CompactFlashが実装されているスロットのみデバイスが作成されます。

・ファイルをコピーしてみます。

-> copy "/export/home/tornado/2.0/target/config/mv2400/vxWorks","/dsk1/vxWorks"

・ファイルがコピーされたか確認します。

-> ll "/dsk1/"
  size          date       time       name
——–       ——     ——    ——–
1106504    JAN-01-1980  00:00:00   VXWORKS
value = 0 = 0x0
->

以上が正常に動作していれば問題ありません。

 

 

TakahashiKoujiMVME2400 PMCSpanを使用してPMC235を動作させる手順について