CPU-5V/5VT/7V/8VT FLASHへの書き込み

CPU-5V/5VT/7V/8VT FLASHへの書き込み


1. config.hファイルの変更

config/frc7v/config.h ファイルを以下のように変更し、VxWorksを再構築します。

#undef INCLUDE_FLASH  /* flash memories programming routine */
                       ↓(変更)
#define INCLUDE_FLASH  /* flash memories programming routine */

2. FLASHデバイスへの書き込み許可

CPUボード上のディップスイッチをONにして、FLASHデバイスへの書き込みを許可します。

(CPU-5V, 7V)

SWITCH 6-3 ... BOOT_FLASH_2 への書き込み許可
SWITCH 6-4 ... USER_FLASH   への書き込み許可

(CPU-5VT, 8VT)

SWITCH 9-1 ... BOOT_FLASH_2 への書き込み許可
SWITCH 9-2 ... USER_FLASH   への書き込み許可

以上の設定後、電源を投入しVxWorksを起動します。

3. BOOTROMイメージの書き込み

FLASHデバイスへの書き込みは、VxWorksシェル上より loadFlashAout() で行います。

loadFlashAout("filename", bank, offset)

filename . . . FLASHデバイスへ書き込むBOOTROMイメージファイル名をフルパスで指定します。
bank . . . 書き込みを行うFLASHデバイスを指定します。
 

0x2   ... BOOT_FLASH_2 (CPU-5V/7V … J22) (CPU-5VT/8VT … J16)
0x100 ... USER_FLASH_1
0x200 ... USER_FLASH_2

offset . . .  BOOTROMイメージをFLASHデバイスのどのアドレスより書き始めるかをFLASH
デバイスの先頭アドレスからのオフセットで指定します。(通常は先頭からなので 0 を指定します。)

(例) /usr/tornado/config/frc7v/bootrom ファイルを、BOOT_FLASH_2の先頭アドレスより書き込みます。

 -> loadFlashAout("/usr/tornado/config/frc7v/bootrom", 2, 0)  

 Programming the a.out header(y/n) n
 File name: /usr/tornado/config/frc7v/bootrom
 Code size = 3200 bytes. Data size = 154992 bytes. Header size = 0 bytes
 Space required in flash memory: 158192 bytes
 Found 1 device(s) to program …
 All found flash devices will be erased before programming.
 Do you want to continue (y/n)? y
 Erasing the 1.flash memory bank …
Erasing flash memory …  done.
PASS
Programming 1. flash memory bank …
Programming flash memory
0 |###################################################| 100%
Done.
PASS
Verifying data in 1.flash memory … PASS
PASS
->

(書き込み完了)

 

 

 

TakahashiKoujiCPU-5V/5VT/7V/8VT FLASHへの書き込み