SPARC CPU-20VT OpenBoot PROM上での温度センサーの設定方法

SPARC CPU-20VT OpenBoot PROM上での温度センサーの設定方法

CPU-20VTには、CPUの温度を監視する2つのセンサーが搭載されています。
センサーに設定することで、CPUの温度が設定値に達したときフロントパネルのLED を点灯させることが可能です。

Openboot PROM上での設定方法

        現在の設定温度を表示

            ok 1 get-t-low . .          ; センサー1の最低温度を表示
            ok 20 0                     ; 20 … 10の桁    0 … 1の桁
                                        ; 20 + 0 = 20(16進数) = 32

            ok 1 get-t-high . .         ; センサー1の最高温度を表示
            ok 40 0                     ; 40 … 10の桁    0 … 1の桁
                                        ; 40 + 0 = 40(16進数) = 64

            ※センサー2の温度表示は、 から へ変更します。

        温度の設定をする

            ok 0 20 1 set-t-low         ; センサー1の最低温度を設定
                                        ; 20 … 10の桁    0 … 1の桁
                                        ; 20 + 0 = 20(16進数) = 32

            ok 0 40 1 set-t-high        ; センサー1の最高温度を設定
                                        ; 40 … 10の桁    0 … 1の桁
                                        ; 40 + 0 = 40(16進数) = 64

            ※センサー2への温度設定は、 から へ変更します。

        温度センサーの起動と停止

            ok 1 tc-start           ; センサー1の設定を有効にします。

            ok 1 tc-stop            ; センサー1の設定を無効にします。

            ※センサー2の起動と停止は、 から へ変更します。

 

TakahashiKoujiSPARC CPU-20VT OpenBoot PROM上での温度センサーの設定方法