PowerCore6750 PMC234設定手順

PowerCore6750 PMC234設定手順


■ 設定手順

1.BSPディレクトリィ上の以下のファイルのバックアップを取ってください。

※UNIXホストにて

% cd target/config/pcore750
% cp config.h config.h.org
% cp sysLib.c sysLib.c.org

2.下記ファイルをBSPのディレクトリィへコピーします。

※UNIXホストにて

% cp pmc233.o target/config/pcore750
% cp pmc233_config.c target/config/pcore750
% cp pmc233_config.h target/config/pcore750

3.vxWorksのイメージを再構築します。

※UNIXホストにて

% make vxWorks

4.再構築がエラーなく成功したら 5.へ進みます。

5.PMC234をPMC2スロットへ実装しvxWorksを立ち上げます。

6.正常に立ちあがりましたら以下のコマンドをシェルより入力します。

※vxWorksシェルにて

・ドライバーを組みこみます

-> pmc233Drv("0:8:0x850000:0x5")
We use PCIIO 0x850000 int 0x5
pmc233: Detected a 342 MegaByte LBA mode Disk
Intid returned 0x5
value = 0 = 0x0

・デバイスを作成します

-> lBlkDev = pmc233DevCreate(0,0,0)
new symbol "lBlkDev" added to symbol table.
lBlkDev = 0x1ffe580: value = 33547664 = 0x1ffe590 = lBlkDev + 0x10

・DOSファイルシステムを作成します

-> lStatus = dosFsMkfs("/pcfsA",lBlkDev)
new symbol "lStatus" added to symbol table.
lStatus = 0x1ffd4e8: value = 31434648 = 0x1dfa798

・デバイスが出来ていることを確認

-> devs
drv name
  0 /null
  1 /tyCo/0
  1 /tyCo/1
  5 frc7v:
  6 /pty/rlogin.S
  7 /pty/rlogin.M
  6 /pty/telnet.S
  7 /pty/telnet.M
  3 /pcfsA
value = 25 = 0x19
->

・ファイルをコピーしてみます。

-> copy "/export/home/tornado/2.0/target/config/pcore750_pmc234/vxWorks","/pcfsA/vxWorks"

・ファイルがコピーされたか確認します。

-> ll "/pcfsA/"
  size          date       time       name
——–       ——     ——    ——–
1106504    JAN-01-1980  00:00:00   VXWORKS
value = 0 = 0x0
->

以上が正常に動作していれば問題ありません。

■ pmc233Drv()について

・pmc233Drv()の引数について示します。

STATUS pmc233Drv(char *cfgStr)
        cfgStr "<ifcldx>:<optFlags>:<cfg_p1>:<cfg_p2>"

ifcldx: デバイス番号(0~)
optFlags: デバイスのモードを設定します。
    Bit0    reserved
    Bit1    オートDMAを無効にする。
    Bit2    DISKのライトキャッシュを無効にする。
    Bit3    ULTRA DMAを有効にする。
cfg_p1: PCI I/O ベースアドレス
cfg_p2: 割り込み番号

 

TakahashiKoujiPowerCore6750 PMC234設定手順