CPU-5V/5VT/7V/8VT USER_FLASHからの起動

CPU-5V/5VT/7V/8VT USER_FLASHからの起動


    VxWorks BOOTROMをUSER_FLASHに書き込んだ場合、以下の手順にて起動させて下さい。
  BOOTROMをUSER_FLASHへ書き込む手順につきましてはCPU-5V/5VT/7V/8VT FLASHへの書き込みを参照して下さい。

1.環境変数の設定

      CPUボード上のソケットにOPENBOOTのROMを挿入し、電源を投入します。 OPEN
      BOOT起動後、USER_FLASHのサイズおよびデバイス数を環境変数として設定します。

        setenv bootflash-#megs 

         size   ... USER_FLASHのサイズをメガバイト単位で設定します。

        setenv bootflash-#devices 

          mdev   ... USER_FLASHのデバイス数を設定します。

    (例) USER_FLASHが2メガバイト(1メガバイトのデバイスを2個実装)の場合、以下
        のように設定します。

           ok  setenv bootflash-#megs 2
           ok  setenv bootflash-#devices 2
           ok

    ※  通常、USER_FLASHのサイズおよびデバイス数には同じ数値が入ります。 この数値は、CPUボード
        の型名の最後尾の数字で確認できます。

        次のボードの場合、USER_FLASHサイズ 2メガバイト、デバイス数2個のモデルとなります。

    (例) CPU-5V/16-110-

2.USER_FLASHからの起動

      次のコマンドを入力し、USER_FLASHよりVxWorksのBOOTROMを起動します。

        ok  boot flash

      VxWorksのBOOTROMをOPENBOOT起動後、自動立ち上げさせたい場合は、環境変数として
      次のように登録します。

        ok  setenv boot-device flash

 

TakahashiKoujiCPU-5V/5VT/7V/8VT USER_FLASHからの起動