Solaris2.x CPU-5V VMEbus空間とSbusスロットの関係について

Solaris2.x CPU-5V VMEbus空間とSbusスロットの関係について

 

Sbusスロット占有時にフルに使用できるVMEbus空間について示します。

 

        Sbusスロット1 占有時

            0x3000.0000 ~ 0x3fff.ffff (256Mbytes)

            0x5000.0000 ~ 0x5fff.ffff  (256Mbytes)

            0x6000.0000 ~ 0x6fff.ffff  (256Mbytes)

            0x7e00.0000 ~ 0x7fff.ffff  (32Mbytes)

        Sbusスロット2 占有時

            0x3000.0000 ~ 0x3fff.ffff (256Mbytes)

            0x4000.0000 ~ 0x4fff.ffff  (256Mbytes)

            0x6000.0000 ~ 0x6fff.ffff  (256Mbytes)

            0x7e00.0000 ~ 0x7fff.ffff  (32Mbytes)

        スロット1,2 占有時

            0x3000.0000 ~ 0x3fff.ffff (256Mbytes)

            0x6000.0000 ~ 0x6fff.ffff  (256Mbytes)

            0x7e00.0000 ~ 0x7fff.ffff  (32Mbytes)

        スロット1,2,3 占有時

            0x3000.0000 ~ 0x3fff.ffff (256Mbytes)

            0x7e00.0000 ~ 0x7fff.ffff  (32Mbytes)

        ※Sbusスロット占有時にも、使用しているSbusカードのアドレス空間が小さい場合は、

          連続してVMEbusアドレスを割り当てることが可能です。

          しかし、VMEbusドライバ内部で自動的に割り当てられる為、ユーザーから任意に設定は出来ません。

 

表1. SbusスロットとVMEbus空間の関係

Sbusアドレス

VMEbus空間

Sbusスロット

Sbusコネクタ有無

0x3000.0000 ~ 0x3fff.ffff

256MBytes

無し

0x4000.0000 ~ 0x4fff.ffff

256Mbytes

0x5000.0000 ~ 0x5fff.ffff

256Mbytes

0x6000.0000 ~ 0x6fff.ffff

256Mbytes

3(48Pin ハーフサイズ)

0x7e00.0000 ~ 0x7fff.ffff

32Mbytes

無し

lhsSolaris2.x CPU-5V VMEbus空間とSbusスロットの関係について