Solaris2.x mcpデバイスドライバについて

Solaris2.x mcpデバイスドライバについて

 

Solaris2.xのCDROMメディアには、Suu標準デバイスである mcpデバイスドライバが入っております。 FORCEのVMEドライバーをインストールしますと、mcpドライバは VMEアドレス A32 0x1000000~0x1040000 0x2000000~0x2040000 の空間にアクセスし、アドレスが存在した場合、ドライバを組み込む動作を起こします。 このとき、OSが止まってしまう事態に陥ります。

問題の解決方法

        mcpドライバーのあるディレクトリィへ移動します。

        OSのバージョンによりmcpドライバーのある場所が違います。

        Solaris2.4の場合

            # cd /kernel/drv

        Solaris2.5以降 VMEドライバーが V2.1以降の場合

            # cd /platform/sub4m/kerel/drv

        mcpドライバのファイルをリネームします。

            # mv mcp mcp.org

            # mv mcp.conf mcp.conf.org

lhsSolaris2.x mcpデバイスドライバについて