Solaris2.x cpioコマンド使用方法


Solaris2.x cpioコマンド使用方法

 

cpioコマンドを使うとフロッピー1枚に収まらないファイルを複数枚に分けて保存出来ます。

 


アーカイブの作成(カレントディレクトリィのファイルのみ)

# ls | cpio -oO /dev/rdiskette /* ボリュームマネージャ無し */

# ls | cpio -oO /vol/dev/aliases/floppy0 /* ボリュームマネージャ有り */

アーカイブの復元

# cpio -iI /dev/rdiskette /* ボリュームマネージャ無し */

# cpio -iI /vol/dev/aliases/floppy0 /* ボリュームマネージャ有り */

lhsSolaris2.x cpioコマンド使用方法