Solaris2.x パッケージの作成方法

Solaris2.x パッケージの作成方法

 

ディストリビューションのあるディレクリィへ移動します。

 

        cd driver

        ls -l

        drwxr-xr-x    2 root    other    512 Jun 11 20:55 drv

        drwxr-xr-x    2 root    other    512 Jun 11 20:55 sample

        drwxr-xr-x    2 root    other    512 Jun 11 20:55 source

 

 

pkginfoファイルを作成します。

              pkginfoファイル  /* あくまで例ですので各自で作成してください。*/

 

PKG=driver

NAME=Profort,PVME-304A Device Driver

CATEGORY=system

ARCH=sparc

VERSION=V1.1

CLASS=none

BASEDIR=/

VENDOR=INTERNIX,inc

DESC=Driver for A/D Converter

PSTAMP=9703121500

 

 

pkgprotoコマンドでprototypeファイルをつくります。

        pkgproto drv=usr/kernel/drv sample=opt/driver/sample \

        source=opt/driver/source > prototype

        drv=usr/kernel/drv        /* drvディレクトリィのインストール先 */

        sample=opt/driver/sample  /* sampleディレクトリィのインストール先 */

        source=opt/driver/source  /* sourceディレクトリィのインストール先 */

        ※ pkginfoファイルの BASEDIRが "BASEDIR=/"なのでインストール先のパスの先頭に"/"は付けません。

 

prototypeファイルを変更します。

              prototypeファイル  /*pkgprotoコマンドで作成された内容に追加します。*/

 

i pkginfo

d none usr/kernel/drv 755 root other

d none opt/driver/source 755 root other

d none opt/driver/sample 755 root other

… (省略)

 

 

pkgmkコマンドを実行します。

        pkgmk -d .    /* カレントディレクトリィにパッケージのディレクトリィが作成されます。 */

pkgtransコマンドを実行してpackageをコピーします。

        pkgtrans /var/spool/pkg /vol/dev/diskette0/unlabeled driver

 

lhsSolaris2.x パッケージの作成方法