MVME5500 Respin版対応方法

MVME5500 Respin版対応方法


Respin版 MVME5500(MVME55006E-0163R)では、LANデバイス変更により
従来のBSPバージョンで動作したgei0が動かなくなります。
そのためBSPにパッチを充てる必要があります。

・vxWorks5.5.1 の場合
   WindRiverのBSP 1.2/3にこのパッチを当てることで対応します。
   パッチでは 下記のKnown problem1,3,4の内容を適用します。

Known Problem 1:


Known Problem 2:


Known Problem 3:

 


Known Problem 4:
 

This BSP requires the following driver patch:
https://support.windriver.com/olsPortal/faces/maintenance/downloadDetails.jspx?contentId=042608

 

When using the IPMC module, modifications to this "../all/bootConfig.c" will be required to facilitate SCSI boot. See
target.nr file for the necessary steps.

 

SPR#92065 has been filed for the enhancement of Gigabit driver

 

It is shown that explicitly invalidating / flushing cache lines can improve Gigabit network performance even when bus
snooping mechanism is supported in MV5500. Please refer to #SPR 92065 to download a work around for
gei82543End.c                 

パッチが必要な理由
   SPR#92065の gei82543End.cにはrespinボードで採用された82545のデバイスIDが登録されていません。
   また、https://support.windriver.com/olsPortal/faces/maintenance/downloadDetails.jspx?contentId=042608
   に含まれる、gei82543End.cにはSPR#92065の01q,17nov03,jln  force cache flushing/invalidating が適用されていません。
  このため、respinボードの場合、LANデバイスIDが異なるためgei0デバイスが組み込まれません。
   2つの内容をファイルにmergeして使用する必要があります。
  このパッチはこれに適用した内容となっています。
   なお、BSP 1.2/3に標準添付のbootrom.bin, vxWorksファイルではgei0が使えますが
   パッチを充てず未修正のままビルドしなおした場合のイメージではgei0が動きません。

・パッチの適用方法

1. パッチをここからダウンロードしgei82543End_vx551.zipを解凍します。
2. BSP 1.2/3のmv5500フォルダのgei82543End.cファイルと置き換えします。
3. 通常のビルド手順にてイメージを作成します。
 

・vxWorks6.9の場合

  WindRiverのバンドルBSP 6.9/0では
  gei82543End.cが82545に対応していません。
  このためLANデバイス gei0が動作しません。
  OSバンドルのgei82543End.hファイルには
  82545のデバイスIDが次のように定義されています。

#define PRO1000_546_BOARD               0x100e /* 82540/82545/82546 MAC */
#define PRO1000_544_BOARD               0x1008 /* 82544 MAC */
#define PRO1000_543_BOARD               0x1003 /* 82543 MAC */

 このため、このパッチを充てる必要があります。

・パッチの適用方法

1. パッチをここからダウンロードしgei82543End_vx69.zipを解凍します。
2. BSP 6.9/0のmv5500フォルダの各ファイルと置き換えします。
3. 通常のビルド手順にてイメージを作成します。

 

TakahashiKoujiMVME5500 Respin版対応方法